FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

○テープカッターとは?(2010年10月18日)

 印西市議会の「9月定例会」がきょう、終わった。これから1カ月余り、休会に入る。
 昨日に続き、議員のあり方について考える。テープカッター、という言葉がある。これは、公共施設のこけら落とし(テープカット)に象徴される行事に出席することを最大の使命、と考えている議員のことを指す。テープカッターは、人前に出ること、行事に出席すること、つまり、選挙の得票に有利と思われることが最優先になる。その結果、政策の研究、政務調査には無関心になる。
 テープカッターには、原則はない。自分のポストの維持、そして、より重要に見えるポストの獲得に血道をあげる。
 このような議員が増えないようにするためには、有権者がテープカッターを落とさなければならない。昨日の本ブログのテーマとの関連で言えば、テープカットの話ばかりをブログに書く議員なのか、政策論をブログに書く議員なのかを、有権者が見きわめて投票するようになれば、議会の構成、議員の行動もかなり変わってくるはずだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

yamamotojuku

Author:yamamotojuku
朝日新聞記者、Z会東大マスターコース講師(小論文)、伊藤塾講師(小論文)などを歴任。現在は辰已法律研究所などで小論文を教えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。