FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

○検察特捜部の黄昏

 東京地検特捜部は、戦後日本の民主主義において、中核的なアクターであった。自民党政権が一線を越えた腐敗の気配を見せると、捜査権を使って矯正した。政権交代がない日本政治において、重要な役割を果たしていた、といえるだろう。そして、朝日新聞を中心とする日本のメディアも、検察報道を通して日本の政治の腐敗にブレーキを効かせてきた。
 しかし、政治が動き始めた今、検察の役割は変質しようとしている。そのようなことを象徴しているのが今回の検察権力による証拠ねつ造事件ではなかったか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yamamotojuku

Author:yamamotojuku
朝日新聞記者、Z会東大マスターコース講師(小論文)、伊藤塾講師(小論文)などを歴任。現在は辰已法律研究所などで小論文を教えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。