FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎菅はリバタリアン?

 菅が「成長戦略」、小沢が「財政支出」を強調している、という事実からすれば、菅がリバタリアニズム、小沢がリベラリズム、ということになる。
 しかし、本当にそうか?
 日本の政治を見ると、一貫した政治理論が見える政治家がいない。どのような哲学に軸足を置くのか。菅直人は市民運動出身なのであれば、「第三の道」などという分かりにくい理論的スタンスを打ち出すのではなく、まずはリベラルかリバタリアンか、という分かり安い対立軸を打ち出すべきなのではないか。
 小沢一郎は、さらに分かりにくい。90年代、自民党幹事長のころの小沢は、かなりリバタリアン的な主張をしていたが、今はどのような政治哲学に軸足を置いているのか。
 私は今回の民主党代表選では、菅直人に投票したのだが、菅も小沢も政治哲学がクリアではないので、確信をもって投票したわけではない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yamamotojuku

Author:yamamotojuku
朝日新聞記者、Z会東大マスターコース講師(小論文)、伊藤塾講師(小論文)などを歴任。現在は辰已法律研究所などで小論文を教えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。