FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎慶応2011の本試験

 さて、9月5日は慶応の本試験。環境についての典型問題であり、何も書けないという人はいなかったのではないか。合否の分かれ目は、いかにして「分析の視点」を出すか。単なる課題文の要約的な答案になってしまっては、他の受験生に差をつけることはできない。理論的に意味がある部分をえぐる答案が評価される。従来の企業がどのような思考方法によって環境に配慮することができなかったのか。そして、それが今、どうなっているのか。近代の枠組みの内外で、どのような理論的な対応がなされているのかを考え、書く。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yamamotojuku

Author:yamamotojuku
朝日新聞記者、Z会東大マスターコース講師(小論文)、伊藤塾講師(小論文)などを歴任。現在は辰已法律研究所などで小論文を教えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。