FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

○就活とロースクール入試(2009年4月26日)

 世界不況の影響で大学生の就職活動がうまくいっていない、という話が連日のように新聞を賑わせている。
 ロースクール予備校講師として気になるのは、就活状況とロースクール入試の関係だ。公務員志望者は、今年は増えそうだ、と言われている。ロースクール志望者はどうか。適性試験の出願人数が発表されれば、全体状況が見えてくる。
 このブログで何度か触れたように、上位ロースクール入試未修の定員は、昨年との比較では、大きな削減はなさそうだ。早慶中央が定員を減らさない見通しであること、東大も昨年比で大きく減らすことはなさそうであること(すでに先取りで昨年2割減らしている)が大きい。とすれば、志願者が増えるのか、減るのかが決定的に入試の難易度を左右する。
 上位校の定員に大きな変動がないにもかかわらず、「定員削減」報道が今、なされていることから、もしかすると志願者が減るかもしれない。
 とすれば、今年のロースクール入試も昨年同様、おいしい。
 また、就活の影響を受けて、増えるかもしれない。就活とロースクール入試は、二股かけられないわけではない。ただ、やるべきことがかなり違うために、適性試験の後に参入する人たちは、小論文l、ステートメント、英語の対策に苦しむことになるだとう。
 とすれば、いずれにせよ、今すでにスタートを切って、正しい努力を重ねている人の優位はゆるがない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yamamotojuku

Author:yamamotojuku
朝日新聞記者、Z会東大マスターコース講師(小論文)、伊藤塾講師(小論文)などを歴任。現在は辰已法律研究所などで小論文を教えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。