FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎待機児童の激増(2009年4月8日)

 大都市圏の保育所で待機児童が激増している。昨年秋以来の世界不況で、世帯の収入が減っているために、専業主婦だった人が子どもを保育所に預けて働こうとしているが、保育所に空きがない。
 自宅近辺の保育所、5カ所、10カ所と申し込みをしても、物理的に申し込みに対して空席が圧倒的に少ないのだから、入園許可は出ない、ということになる。一時保育やベビーシッターなどをつないで綱渡りの保育を調達しつつ働いている人もいる。
 テレビのニュースの特集で、保育所が見つからないお母さんが次のようなコメントをしていたのが印象に残っている。「見捨てられているな、と感じました」
 働く権利が保障されていない。リバタリアニズム政策からは、放置することになる。つまるところ、財政支出を機械的に削減するのかどうか、という問題になってくる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yamamotojuku

Author:yamamotojuku
朝日新聞記者、Z会東大マスターコース講師(小論文)、伊藤塾講師(小論文)などを歴任。現在は辰已法律研究所などで小論文を教えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。