FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎テロガロン家族の問題を原理的に考える(2009年3月19日)

 フィリピン人のテルガロン家族の問題を考える際、社会科学の基本から考えてみたい。まず、この家族が日本に滞在することは、他者を加害しているだろうか。(J.S.ミルの危害原理からの問題提起)。
 だれか個人を個別具体に害しているか、と考えると、害していない、と言わざるを得ない。とすれば、なぜテルガロン家の3人は日本に滞在することが許されないのだろうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yamamotojuku

Author:yamamotojuku
朝日新聞記者、Z会東大マスターコース講師(小論文)、伊藤塾講師(小論文)などを歴任。現在は辰已法律研究所などで小論文を教えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。