FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

○テープカッターとは?(2010年10月18日)

 印西市議会の「9月定例会」がきょう、終わった。これから1カ月余り、休会に入る。
 昨日に続き、議員のあり方について考える。テープカッター、という言葉がある。これは、公共施設のこけら落とし(テープカット)に象徴される行事に出席することを最大の使命、と考えている議員のことを指す。テープカッターは、人前に出ること、行事に出席すること、つまり、選挙の得票に有利と思われることが最優先になる。その結果、政策の研究、政務調査には無関心になる。
 テープカッターには、原則はない。自分のポストの維持、そして、より重要に見えるポストの獲得に血道をあげる。
 このような議員が増えないようにするためには、有権者がテープカッターを落とさなければならない。昨日の本ブログのテーマとの関連で言えば、テープカットの話ばかりをブログに書く議員なのか、政策論をブログに書く議員なのかを、有権者が見きわめて投票するようになれば、議会の構成、議員の行動もかなり変わってくるはずだ。
スポンサーサイト

○議員と政策、選挙(2010年10月18日)

 先週、10月15日、北総地区の市議会議員の研修会があった。アメリカ政治・選挙の研究者を講師に迎え、オバマがなぜインターネットで成功したのかを学んだ。なかなか興味深かった。
 インターネットで有権者と双方向のコミュニケーションを取ることの重要性を講師は強調したが、これは、熟議デモクラシーの時代にインターネットというツールが適したメディアであることが背景にあるのだろう。
 また、議員のブログ内容は、「だれと会った」「何をした」という日記ではなく、政策論議をするべきである、というこをも講師は強調していた。同感である。

◎この時期の小論文学習法

 昨日、辰已法律研究所で国公立対策の講義(読む演習1)を行なった。国公立から過去問を厳選し、サンデルの枠組みでどのように解くか、という解法を中心に今後の授業を進める。
 この時期は、ひたすら当てはめと答案作成の演習を繰り返す時期。8月・9月の私立ロースクールで一定程度の成果が出た人は、自分の実力が十分、と思ってしまう傾向がある。そして、新司法試験への焦りが前倒しになって、この時期に法律の勉強に手をつける人も多い。しかし、私が過去7年間見てきた経験からすると、この時期に小論文の手を抜いてしまう人は、東大をはじめとする国公立で結果を出すことが難しくなる。
 大学入試にたとえてみると、早慶上智中央の法学部と東大文1(法学部進学課程)を併願する場合、私立が終わったからといって、文1の入試科目(たとえば英語、社会)の勉強をやめて、法律の勉強を始める人はいないだろう。それなのに、なぜか、ロースクール入試の場合、東大まで受験を続けるのに、勉強の軸足を法律に向けてしまい、小論文のための事例の蓄積、当てはめの練習をやめてしまう人が数多く出る。そして、多くの場合、東大で結果を出せずに終わってしまう。

○小沢一郎氏、議決無効を主張し提訴へ

 小沢一郎・民主党元代表が、検察審査会の議決は無効、として国を相手取り訴訟を起こす、という報道があった。政治に関わる案件でも、合法・違法を問うことが可能である限り、司法による判断を仰ぐことは良いことである、と私は考えている。今回は、原告適格は問題なく認められるだろうから、門前払いになることはない。ただ、刑事裁判手続の内容の無効を裁判で争い、勝つのは難しいと思われる。

●「人の死」とは?

 人の死は、終わりではなく、志を受け継ぐ者にとっては始まりである――坂本龍馬の妻は、龍馬をこのように励ました。
 10月10日、龍馬伝の最後のところで、盟友である高杉晋作に龍馬が別れを告げるシーンがあった。高杉晋作は結核を患い、死を目前に控えていた。自分の死期を知る高杉は、「日本の将来を頼む」と龍馬に言い残す。その後、「なぜ高杉が死ななければいけないのか」と嘆く龍馬に、龍馬の妻、お龍は、「人の死は終わりではなく、始まり」と励ましたのだった。
 同志であり、先輩であり、師匠であった五十嵐村長を失った私の胸に響く台詞だった。

●五十嵐勇村長の死

 昨年の本埜村長リコール、本埜村議選、そして出直し本埜村長選、合併へと向けた地域の政治をともに推進した先輩であり同志であった五十嵐勇氏が10月2日早朝、死去した。
 選挙区を歩き、住民と語り、住民の要望を取り入れた地方政治を行なう、という、民主主義の基本を実践した人だった。
 毎日新聞は、次のように訃報を伝えている。

五十嵐勇さん 61歳(いがらし・いさむ=元本埜村長)2日死去。葬儀は7日午前11時、印西市平岡1538の印西斎場。喪主は妻君代(きみよ)さん。
 旧印西市との合併問題で、村長リコールに伴う2月の村長選で4回目の当選を果たし、3月に3市村が合併するまでの43日間、最後の村長を務めた。

◎書籍執筆に着手(2010年10月8日)

 新しい本の執筆に着手した。小論文に必要な社会科学理論を、サンデルに準拠してまとめつつ、その理論を、現代日本の時事問題、および、ロースクール入試の小論文過去問に出てくる事例に当てはめる、というのが新本の内容だ。
 これまでにない小論文の教科書、参考書になることは間違いないが、同時に、サンデルのアプローチを日本の事例に当てはめる本にもなる。

○「可視化」「検察のストーリー」(2010年10月7日)

 大阪地検の特捜部長、特捜副部長の捜査が進むにつれて、被疑者の検事の側から「取り調べの可視化をしてほしい」「検察のストーリーには乗らない」という主張が出ている。噴飯もの、という印象。彼らはこれまで、取り調べの可視化の主張、そしてストーリーを作る捜査への批判をしてきたのだろうか。

◎辰已の「無料連続講座」

 辰已法律研究所で10月3日、「無料連続講座」の第1回の講義を実施した。サンデルの3つのアプローチ(功利主義、自由主義、共同体主義)を前面に出した講義になった。このような枠組で小論文の問題を解く授業をしたのは初めてだったが、非常にうまくいった、と感じている。来年度(2012年入学のための受験生向け)の講座では、サンデルを教科書にするが、講義をする側としても非常に楽しみだ。
 無料連続講座の第1回は、辰已法律研究所に通信受講を申し込めば、無料でDVD(またはMD)がテキストとともに送られてくる。第2回から第4回は、通信受講1回につき1500円がかかる。第2回から第4回については、辰已でライブの授業に出席するのであれば、無料。
 日程は、第2回が11月7日、第3回が11月21日、第4回は12月12日。時間はいずれも高田馬場の辰已法律研究所。時間は6時から。
 詳細は、http://www.tatsumi.co.jp/houka/tokusetu/100910_muryougaidansu_nino_yone/index.html#yama
 なお「無料連続講座」第1回は、遠からず辰已のストリーミングチャンネルにもアップされるという。

●「スターの恋人」(2010年10月6日)

 TBSで朝10時から再放送されている韓流ドラマ「スターの恋人」を2日続けて観た。男が高嶺の花の女に恋をするところは「ローマの休日」。かつ、男が女に文学を教えることろは「マイ・フェア・レディ」。2つの古典をベースにしている。

○「家」と個人

 先週の後半は、長崎の壱岐で伯父の法事に参加した。玄界灘の魚を堪能した。家と田畑、そしていくつか山があるのだが、だれも住んでいないために、田畑は荒れ放題。山を確認する時間はなかったが、おそらく山も荒れていることが推測できる。家は快適に宿泊することができないため、本家の伯父の法事であるにもかかわらず、旅館に泊まった。
 親族のだれかが責任をもって「家」を継ぐべきなのだろうか。それとも、個々人にとって必要ないのであれば、財産を処分して親族で分けるべきなのだろうか。
 個人主義的に合理的に考えると、「家」が個人を拘束するべきではない。しかし、祖先が代々、住み着いてきた家がなくなっていいのか、というと、なかなか簡単には割り切れない。
 今、親族の中で壱岐の島で農業をしたい、という人はいない。次の世代のだれかが壱岐で暮らしたい、と言い出すまで、親族で共同管理をするか。それとも、壱岐の中でだれかに養子に来てもらうか。このあたりが数少ない選択肢、ということになる。
プロフィール

yamamotojuku

Author:yamamotojuku
朝日新聞記者、Z会東大マスターコース講師(小論文)、伊藤塾講師(小論文)などを歴任。現在は辰已法律研究所などで小論文を教えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。